忍者ブログ

硬筆書写検定1級に受かるまで

ただいま硬筆書写検定準1級。いつかは1級を取りたいです。競書誌「ペンの光」での師範位も夢です。 ペン字練習やら、好きなことをまったりぐだぐだと書きます。

【1級】新聞書き写しノート

2月半ばから、新聞のコラム(朝日なら天声人語、読売なら編集手帳)の書き写しを始めました。

検定では、速書き・縦書き・横書きとその場で初めて見る文章を書きます。偶然読んだことがある文章が出題されることもあるかもしれませんが、まれです。
1級の速書き(4分で145文字前後)の過去問をやってみても、4分ぎりぎりemoji。当日は緊張や焦りで字が走ると思いますが、下手をすると書ききれない可能性もあります。なので、いろんな文章に慣れたいと思いました。本の写し書きも考えましたが、毎日話題が変わり、字数もほぼ一定のコラムが最適のような気がします。

不安な点もありました。

新聞により違いますが、コラムの字数は600字前後。時間にすると30分~50分程度かかります(かな・カナが多いなど内容により楽なときは早いです)。

他にもやることはいっぱいあるのに、毎日続くのか?

そんなにたくさん書いて手が疲れてしまい、他の練習ができるのか?

う~ん。

悩みつつ、地元の文具店に行くと、売っていたのは朝日と地元新聞の書き写しノート。わたしは新聞をとっていないのでどちらでもよかったのですが、地元新聞の方は税込100円!朝日よりマス目も大きめで十字リーダーつき。あっさり地元新聞の方に決定し、とりあえずスタート。


2月16日開始。A4判。

なんと、開始以来20日連続続いておりますemoji

見開きが1日分。1冊で1ヶ月分書けます。

予想以上にはまってます。コラムはネットで見られるので、毎日起きてすぐタブレット見ながら書いてます。最初は50分ぐらいかかり、かなり疲れましたが、今は30~35分程度。興味のある内容の日は、書きつつ先が気になってあっという間に終わります。

今まで、ペン字といえばお手本を見て、というパターン。お手本がなく自運の検定では、いつもガタガタの字でした。

準1級までは運で受かったものの、1級にまぐれは通用しません。効果があるかはわかりませんが、できれば習慣にして続けたいと思います。

この他の練習も続けています。検定まで、書いて書いて書きまくる!精神で悔いのないようにがんばります。


今日もお読みいただきありがとうございました。



PR

【準1級】受検をふりかえって

まさかの合格通知を受け取って3日。

準1級の合格率は、だいたい20%前後だと思いますが、今でもどうして受かったのか信じられません。「合否の間違いがありました」という知らせがくるのでは?とドキドキしてます。

準1級の検定をふりかえって、【準1級】カテゴリは終わりにしたいと思います。

実技の採点基準はわかりませんが、1問100点として自己採点してみます。

まずは実技問題。

一問(速書き) 90
二問(三体)      40
三問(縦書き)  90
四問(横書き)  90
五問(自由作品) 80
六問(掲示文)  90

自己採点 計480点  です。
ですが、合格最低点は515点なので、三体ももう少し点をいただけたのでしょう。

なので、準1級では草書が書けなくても、楷書と行書をきっちり書き、間隔や字粒に気をつければ、受かる可能性はあります!! 全然タテヨコそろわなかったわたしでも受かったんですから。
もちろん、草書を初めから捨ててはだめですが、試験場のあの雰囲気では、うろ覚え程度の字は全く思い出せません。 空欄をつくらずそれっぽい字を書いて天命を待ちましょう。

続いて、理論問題。一問100点で、過去問を見れば採点基準もだいたいわかります。

七問(旧字体・書写体) 90
八問(草書・古筆を読む) 40
九問(書道史) 100 
十問(間違い探し) 100

自己採点 計 330点 です。
合格最低点は 305点なので、ギリギリ。理論も草書(書譜から出題)が5字中2字しか読めず、相当足を引っ張りました。猛勉強した書道史と、間違い探しはたぶん満点がとれたのがよかったのかもしれません。

「草書を全然覚えられてない!emoji」という受検前の不安が的中しましたが、準備に時間をかけた掲示や書道史のおかげで何とか合格できました。

準備に時間をかけた問題は、落ち着いて取り組めました。
自信がなかった問題はやっぱりパニクりました。

次回は、理論合格が目標です。3ヶ月では草書を完璧に書くのはたぶん無理だと思います。早めに理論合格して、あとは免除システムを使い実技に専念…という計画ですがうまくいくかどうか…emoji


というわけで、次回からは【1級】カテゴリでブログ続きます。よろしくお願いします。

今日もお読みいただきありがとうございました。

【準1級】受検結果が届きました

1月29日に受けた硬筆書写検定準1級。



なんと合格していました~!emojiemoji

Twitterを見ると、先週末ぐらいから結果が届いた…という書き込みを見たので、ポストを覗くのが心臓ばくばくでした。不合格の場合、どこができていなかったかを知らせてくれる別途封筒?が届くという話だったのではがき1枚か、+封筒かで結果がわかってしまいます。

意を決してポストを見ると、はがきが1枚! 

その場でめくってみると「合格」でした。

不合格も当然ありえるので控えていましたが、わたしの正直な予想は「理論ギリギリ合格・実技不合格」でした。

実技は、とにかく第2問の楷行草三体の問題がひどいできでした。四つの熟語のうち、三体きちんと書けたのは1つのみ。草書一つは怪しげな字、二つは全くでたらめな字。でも楷書と行書をそれなりに評価していただけたのかもしれません。

先週、3月号のペンの光が届きましたが、検定対策に追われている最中の提出だったので、最悪の成績でした。規定部も筆ペン部も後ろから数える方が早かったですemojiemoji。草書の勉強をしていても、展覧会の練習をしていてもどよ~んと過ごしていた最近でした。

合格は嬉しいのですが、その力がないことは自分が一番よくわかっています。

次回検定は6月18日。

第一問の速書きが全部書けてないとまず合格は無理なのと同じく、1級の場合、楷行草三体がすべてきちんと書けないと合格は難しい…と聞きます。

3ヶ月半でどれだけ覚えられるかわかりませんが、草書にしっかり取り組んで次回1級にチャレンジしようと思います。


励ましのコメントをいただいた皆さま、ありがとうございました。これからもがんばります!!


今日もお読みいただきありがとうございました。

【ひとりごと】スランプ!!

5月締め切りの、全日本ペン書道展の練習を始めました。

今考えているのは、筆ペン部と規定部。できれば漢字部にも挑戦したい…と思っています。ただ出品料・表装料・返送料など結構な出費となるので、お財布とも相談ですemoji

今日現在、1月に受けた書写検定準1級の結果はまだ届いていません。合格であれば(まず無理ですが)1級を、不合格であれば6月準1級を再受検します。

書道展・検定・毎月の競書で不器用なわたしはキャパオーバーemoji 2年前は、加えて昇格試験もあったのでよくやってたな~と思います。

練習の振り返りを兼ねて、ブログの更新をするのが楽しみだったのですが、あまりにも書けないので時間が足りない状況になってきました。

こんなブログでも、「楽しみにしています」というコメントをいただき励みになっています。タイトルどおり、検定1級に受かるまではやめませんが、6月ごろまで不定期更新になりそうです。

応援いただくのも申し訳ないので、落ち着くまでしばらくブログ村のランキングもはずれようと思います。

更新したら「新着記事」には表示されるようなので、たまに読んでいただけると幸いです。

よろしくお願いします!

【文具】OKB選抜総選挙

前回に続き文具ネタ。生活圏内に「一度は訪れたい文具店&イチ押し文具」にも掲載されている、大きな文具店があります。

文具店がお好きな方は多いと思いますが、わたしもちょこちょこ覗いては何かしら買ってしまいます。
今日も、1時間以上うろうろし、つい買い物をemoji
 
ソニックという会社の、「やわカタ下敷き」と三菱の「ユニボール R:E」。

「やわカタ下敷き」というのは、表が硬質、裏が軟質というもの。ただ軟質といってもそう柔らかくはありません。うまくいえませんが、表はつるつる、裏はマット…という感じ。開封すると、ビニール独特というかカーボン紙のようなにおいがします。においに敏感な方はやめた方がいいかもです。においについてはAmazonのレビューでも酷評されてました。

「ユニボール R:E」(あーる・いー と読みます)は、消せるボールペンです。三菱はすでに「ファントム」という消せるボールペンを出してますが、キャップ式でした。「R:E」は完全にフリクションを意識してますね。1月末発売の新製品のようです。


軸に合ったインクが入っているタイプ。税抜180円。

パステルカラー軸は税抜180円。右側のガンメタっぽいのは税抜230円。インクはオフブラックのみ。

ディズニー版は税抜200円。インクはオフブラックのみ。ミッキーのを衝動買いしてしまいました。
(画像は三菱のサイトからお借りしました。R:Eの特徴も公式サイトをどうぞ)

フリクションもR:Eに対抗してか、替え芯が1本おまけについた感謝パックや、ブロックチェックデザインのものも売ってました。

ところで、今日のタイトルの「OKB選抜総選挙」。

AKB、の間違いではありません。

O(お)
K(気に入り)
B(ボールペン)

です。全然知りませんでしたが、文具王 高畑正幸さんの企画で去年が第6回だったそうです。「筆箱のセンターを決める!」そうで、「握手会」(という名の試し書き会?)やチームM(三菱)チームP(パイロット)チームPⅡ(ぺんてる)とかあって面白い。

さて、昨年の結果は… やはりあれだったようです。

投票数がちょっと少ないな…とも思いますが、興味のある方は

OKB選抜総選挙公式サイト

をご覧ください。ボールペンの世界も奥が深い!


今日もお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

【日々の学習】漢字部の練習

検定も競書も、楷行草三体で書く課題が一番だめなので、今月から漢字部も力を入れようと思っているのですが…。


相変わらず苦手です~emoji

草書はこつこつ勉強しているせいか、ちょっとだけ慣れてきました(全然頭には入ってませんが)。もちろんお手本はすぐ横に置いて書いているのですが、どうも横がそろわないし、間隔も難しいです。「成虫」は画数が少ない分、気持ち小さめに書かないと大きく見えてしまうのかな?漢字部はごまかしがきかないので、努力のしがいはあります。まだまだ練習しますemoji

「難しい~emoji 苦手~」と草書や三体から逃げていて、今になって大変苦労しております。級位の方は、草書は書かなくてもOKなのですが、早めに挑戦するのをおすすめします。「慣れ」の力って大きいですよ~。

ちなみにこれはSigno 0.28ミリで書きました。お手本はSigno 0.38ミリですが、なんか太くて…。つけペンが一番強弱がきれいに出ますが、家でないと練習できないし、日常生活で使いません。なので、規定部はつけペンと決めてますが、他の部はだいたいお手本どおりの筆記具で書いています。



ちなみに筆箱はこんな感じです。相当くたびれてますねemoji。Normadic(ノーマディック)のもので、デスクペンはちょっとはみ出ますが、長さを気にせず入れられるので気に入ってます。Signoの他筆ペン、デスクペン、0.38~0.7の多色ボールペン。 ジェットストリームよりビクーニャ派です。


(画像はお借りしました) 
薄型で、ペンは一度に見渡せるしふせんなどを入れる場所もあります。わたしは赤バージョンですが、赤はもう廃盤のようで残念。


10年近く使ってるので、同じような感じのものをとつくし文具店のつくしペンケースを狙ってるのですが… いつ見ても「在庫なし」。ずっと人気ですね。まあ検定のための本代がかさんだので、当分辛抱することにします。


今日もお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

【学習書】大事なテキスト

ペン字あるあるだと思いますが、何年も続けてくると競書誌・書籍類やペン、清書用紙、練習用紙などがどんどんたまってきます。

気に入ったお手本であれば、コピーしたりノートに練習してずっと使えるので、処分がなかなかできません。

わたしは競書一誌ですが、複数誌の勉強をされている方は管理が大変だろうなぁemoji

それにしても検定にも力を入れると本が増えたな~と整理していたら、古いテキストが出てきました。




日ペンの「総合ペン習字講座」。
(注:がくぶんのサイトを見ましたが、ボールペン習字・速習筆ペン・賞状書士・遊書の講座はあるのですが、この講座は見当たらず…。開講されているかは、がくぶん事務局にご確認ください)


布張りのバインダー2冊と、練習帳・添削課題(12回)・硬筆書写ハンドブック・確か「美・マスター」という名のお手本を観察できる道具がセットになっていたと思います。


恥ずかしい話ですが、いつ申し込んだのかも覚えてませんし、一度も提出した記憶がありません。


何しろ、目次に「文部省 ペン字検定」とあります。

ペン字検定から、「硬筆書写技能検定」という名称になったのが平成2年。文部省認定から文部科学省後援に変更されたのが平成18年ですから、20年前くらいのものでしょうか…(年もばれますね)

いつかは練習しようとテキストだけはとっておいたようです。

しみじみ見ていると…



テキストの字は、当時日ペンの会長だった三上秋果先生中心に書かれているようで、石川芳雲先生や、山下静雨先生のお名前も見えます。


三上先生の字典や書籍はほぼ絶版で、Amazonやヤフオクでも中古本が高価で取引されています。現会長の田中先生の御本はほとんど持っていますが、三上先生の字典も欲しいな…と思いつつ、気軽に買えない値段になってまして…。

この「総合ペン習字講座」は、書き込むスペースもありますが、説明やお手本が多く「ペン字精習」と似たような構成になっています。

ただ、経験ゼロの初心者にはハイレベルすぎるかも。内容が全く理解できず心が折れてしまい、全く手つかずの状態で終わったと思われます。

何にしても、三上先生中心に書かれたテキストが手元にあったことがわかったので、検定が一段落したら(って何年後?)取り組みたいと思います。





姓名のお手本も、ちょっと時代を感じますね。(写真、全部自分が映り込んでてすみません)。

日ペンで学んでいる者としては、三上先生の御本も再版していただきたいemojiものですが、難しいのでしょうか。

ペン書道展の料紙の案内も届きました。検定、競書、書道展と大変ですが好きなペン字ができる環境に感謝ですemoji 


今日もお読みいただきありがとうございました。皆様よい週末を。



にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ

にほんブログ村

プロフィール

HN:
ゆらり
性別:
女性
自己紹介:
日ペンでペン字勉強中。

何年かかるかわかりませんが、日ペン師範と硬筆書写検定1級が目標です。

日ペンの競書誌「ペンの光」の練習の話題が中心のブログです。下手な字をさらしてますが、お許しを。

【2017年2月現在】

日ペン規定部 準師範
筆ペン部 準師範
硬筆書写検定 準1級

カウントダウン

カウントダウンタイマー

カレンダー

02 2017/03 04
1 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[01/27 ゆみさんへ]
[01/26 ゆみ]
[11/28 ゆらり]
[11/26 ゆきまま]
[11/21 ゆらり]

ブログ内検索

ブログ村

P R

Copyright ©  -- 硬筆書写検定1級に受かるまで --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]