忍者ブログ

硬筆書写検定1級に受かるまで

ただいま硬筆書写検定準1級。いつかは1級を取りたいです。競書誌「ペンの光」での練習やら、好きなことをまったりぐだぐだと書いてます。

【硬筆書写検定2級】実技 第六問(掲示)対策

検定の実技についての記事は、今日で最終回ですemoji

最後は第六問、掲示(ポスター)の問題です。

2級の場合、横書き数行を体裁よく書く…というものですが、ここ3年の過去問を見ると、7行がほとんどですが、21日の出題がどうなるかはわかりません。

筆記具は油性マーカー・耐水性顔料マーカー指定です。


(画像は日本書写技能検定協会のサイトからお借りしました)


こういうものか、線の強弱がつけられるコピックシリーズが、用具の選択肢になると思います。わたしは「コピック チャオ」というのを使いますが、予備としてマッキーなども持って行きます。

割り付けで使うので、えんぴつ・消しゴムも必要です。

問題には、「解答用紙は天地32.5センチ、左右25.7センチの大きさです」とあります。検定の講習会で、実際の問題をもらったので、改めて測ってみたのですが…

解答用紙そのものは、B4天地36.4センチ、左右25.7センチ)です。

ですが、


右下に受験番号などを書く枠があり、使える範囲が32.5センチまで…ということになります(上記画像参照)。B4のコピー用紙などで練習している人が多いと思いますが、下側約4センチは切るか折るなりした方が、感覚がつかみやすいかもしれません。

以前の記事にも書きましたが、ダイソーさんの40センチものさしのおかげで、割り付けは早くなりました。



日時は、検定当日の日付のことが多いようです。今回の検定では、「6月21日(日)」の可能性が高いですね。

画像が斜めなので小さく見えますがタイトルは4センチ四方くらい。「日時」「場所」といった項目名は、左に2センチの余白をとり、左右5~6センチの範囲内に書き、さらに2センチほど空けて内容(「11月9日」とか)を書きました。「参加費(用)」「主催」といったたぶん出てくることばは、練習しておいたほうがいいですね。

まだまだ「体裁よく」には程遠いですが、時間もなくなってきたので、毎日1回分の過去問と理論の勉強は続けようと思います。

七問~十問は理論問題ですが、次回まとめて記事にして検定シリーズは終わりにしたいと思います。


今日もお読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ
にほんブログ村

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
ゆらり
性別:
女性
自己紹介:
日ペンでペン字勉強中。

何年かかるかわかりませんが、日ペン師範と硬筆書写検定1級が目標です。

日ペンの競書誌「ペンの光」の練習の話題が中心のブログです。下手な字をさらしてますが、お許しを。

【2017年2月現在】

日ペン規定部 準師範
筆ペン部 準師範
硬筆書写検定 準1級

カウントダウン

カウントダウンタイマー

ご訪問感謝!

カレンダー

11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[01/27 ゆみさんへ]
[01/26 ゆみ]
[11/28 ゆらり]
[11/26 ゆきまま]
[11/21 ゆらり]

ブログ内検索

ブログ村

P R

Copyright ©  -- 硬筆書写検定1級に受かるまで --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]